あらゆる産業界に適用する最先端の超音波漏れ検査装置-Leak Tester

よくあるご質問

質問1▶超音波漏れ検査装置は絶対的な漏れ量を測定できますか?

回答:超音波漏れ検査装置はあくまで漏れがあるかを確認する試験機であり、
漏れ量を測ることはできません。
漏れサンプル等を使い漏れ超音波を検知しこれらを基準にデータ蓄積し判断する相対的な検査方法です。

質問2▶超音波漏れ試験において溶液を塗布し音を拡声させますがドライの状態で試験できませんか?

回答:ドライの状態の超音波検知のレベルは、一般的には水没程度
となります。超音波の指向性からマイクの位置が漏れ箇所からずれると検知し難くなります。
その問題を解決するために特殊溶液の塗布を推奨しており、検知精度が大幅にアップできます。この検査方式をぜひ採用ください。

質問3▶水没漏れ試験で界面活性剤を入れると気泡流出が早くなるとのことですが、
            廃液処理の問題はどうですか?

回答: その地域の基準に従った廃液処理をお願い致します。
活性剤のデータは提出致しますので確認ください。

ただし、1%程度の濃度でも大きな効果が期待できますので
濃度的には廃液問題は少ないものと思われます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6420-3508

PAGETOP
Copyright © 株式会社コムウェーブ All Rights Reserved.