あらゆる産業界に適用する最先端の超音波漏れ検査装置-Leak Tester

画像処理技術を活用した水没漏れ検査システム

  • HOME »
  • 画像処理技術を活用した水没漏れ検査システム

水没(液没)漏れ試験自動探知

画像処理による新たな漏れ検知システムを開発

水没(液没)漏れ試験の自動化・無人化を目指します。
シンプルな試験方法ですが、なかなか優れた、かつ実用的な試験方法である水没(液没・・溶液を水以外を使用。例えばさびを嫌い、あら油を溶液として活用)漏れ検査方法はまだまだ広く使われています。

問題点は、目視に頼っていること!

コムウェーブは平成28年度、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターと共同研究でこの水没試験の目視からの脱却を目指し研究してまいりました。
「画像処理による微細な気泡を捉え」の自動化の実現にめどをつけ、人の目視検査から標準化ができる画像処理・ソフトウェアを利用した検査システムを開発致しました。

気密構造体の微少漏れ検査の自動化・無人化を実現

自動化の鍵は、いかに早く気泡を流出させ求められる検査スピードに合わせられるかです。
そのため適切な界面活性剤の選定や濃度の検証を実施、その知見を積み上げて参りました。

気泡を早く流出させる、それは気泡がさらに微細となることを意味します。
その微細気泡を適格にカメラで捉え撮影するよう、創意工夫し装置設計を行っています。
判定アルゴリズムと合わせ、この装置全体システムを2018年3月に特許出願(特願番号2018-059902)致しました。

検査員の労働の負担を減らし、検査の精度をや生産性の向上に弊社の装置を是非お試しください。
貴社の漏れサンプルで実証試験をし、ご納得頂き推進することを基本としております。お気軽に声を掛けてください。

微細気泡の可視化画像

微細気泡の可視化画像

PAGETOP
Copyright © 株式会社コムウェーブ All Rights Reserved.